-Profile-

山本己太郎

 

武蔵野音楽大学器楽科ピアノ専攻を首席で卒業後、武蔵野音楽大学大学院修士課程ヴィルトゥオーソコース修了。


2012年度福井直秋記念奨学生。第20回“万里の長城杯”国際音楽コンクール第1位および中国駐大阪総領事賞受賞。第24回日本クラシック音楽コンクール第4位、平成27年度八潮市新人オーディション最優秀賞。第21回日本ヤングアーチストピアノコンクール奨励賞受賞。その他受賞多数。八潮市主催ダイヤモンドアフタヌーンコンサートにてソロリサイタル出演。グース・フィルハーモニック・オーケストラとチャイコフスキーピアノ協奏曲第1番を共演。


大学院時代の業績が認められ、日本学生支援機構第一種奨学金が全額免除となる。


草加市演奏家協会会員として、草加市主催ハートフルコンサートをはじめ東日本大震災義援金のためのチャリティーコンサートや草加市内の中学校吹奏楽部補助金支援の為のコンサート等の演奏活動も積極的に行う。


LINEの呼び出し音を即興的に弾いた「LINE 呼び出し音ピアノ即興曲」の動画がSNSで話題となりYOUTUBEで235万回再生、LINE MUSIC本社にて電話保留音に採用される。

スマートフォンアプリB612にて「Praha」という名前で使用され、LINE MUSICでも配信される。


ピアノを本橋香代子、重松聡、イリヤ・イーティン各氏に、ピアノデュオをコッホ・中村幸子氏に師事。


現在、武蔵野音楽大学附属音楽教室講師、暁星中学・高等学校非常勤講師。